太っ腹エンゲルス監督に闘莉王感激という記事より。

浦和のエンゲルス監督が約10万円の自腹を切り、50人分のパスタとピザを発注。練習後のランチとして選手、スタッフに振る舞った。

エンゲルス監督が自腹を切って、選手やスタッフにピサ・パスタを振る舞ったそうです。

連戦の中、選手たちも嬉しかったことでしょう。チームも勝利を収めてますしね。

そんな中、闘莉王のコメントが。

「ゲルトさんは気使いがすごい。前の監督にはなかった。疲れているけど、皆で笑って回復できたんじゃないかな」

何かにつけ前監督であるオジェックとゲルトを比較するコメントが掲載されるのですが、もういいんじゃないかな‥‥。いない人ですしね。

気持ちは分かるけど、そろそろ自分の中にとどめておいた方がいいんじゃないかな、という気もします。

それにしてもゲルトは若手選手をうまく起用したり、こういうムード作りが本当に上手です。

■関連記事

エンゲルス監督太っ腹!自腹で決起集会

30日の練習後、ケータリング会社に連絡、パスタとピザ、サラダ計50人前を用意。「ポケットマネーだけど、いくらかは言えない」ニヤリと笑った指揮官は10万円を出資。