決別2発!松井、ル・マン退団を初表明という記事より。

MF松井は26日、ホームのランス戦に出場し、今季初の1試合2得点をマーク。3―2の勝利に大きく貢献した。試合後に契約が満了する今季限りでの退団を初めて表明。

「ル・マン」松井大輔が対談を表明しています。

26歳、既に4年間もプレイしているそうで「4年間お世話になったル・マンに恩返ししたかった。チームには残らないと思う」と語ってます。

「ここに残るのも1つだがステップアップしたい。会長にも理解してもらった」と移籍を示唆しています。

移籍先ですが、

フランス国内のサンテチエンヌ、パリ・サンジェルマン(SG)、ポルトガルのベンフィカが獲得に名乗りを挙げる

ということで、生活環境を考慮するとフランス国内が優先のようですが、争奪戦となっています。実績を残していますからね。

日本への移籍はないとは思いますが、2004年まで在籍した京都サンガの加藤監督は「もし日本に戻ってくるなら、京都でプレーするのが一番ふさわしい」と話しています。

footballista 048号 特集松井大輔巻頭インタビュー

footballista 048号 特集松井大輔巻頭インタビュー

■関連記事

松井大輔が今季限りでルマン退団、欧州内での移籍目指す

松井獲得には、同リーグのパリ・サンジェルマン、サンテティエンヌが名乗りを上げ、セリエA・カターニアもオファーの準備を進めている。