柏が下着ドロ選手解雇、リーグ永久追放もという記事より。

柏が、住居侵入と窃盗容疑で兵庫県警に拘束された日本代表候補MF(26)を解雇することが26日、分かった。

2001年の事件でDNA鑑定から逮捕された柏レイソル・茂原岳人容疑者ですが、解雇となるようです。

クラブ幹部のコメントとして、次のように紹介されています。

「起訴されれば当然解雇だけど、それとは別にチームの結論は既に出ている。今は発表の時期を協議している段階です」

今週中には解雇処分が発表されるだろう、と。

さらに、

「もう日本でプレーすることは難しいだろう。罪があるのであればきちっと償った上で、海外でプレーすることは可能だと思う」

とも語ったそうで、ジュビロ磐田・菊地直哉のようなケースになるでしょうか。

2度目の逮捕・解雇だけに、もう一度、日本でプレイをするというのは非常に困難な状況でしょう。

茂原容疑者は憔すい「柏と日本サッカー界に迷惑をかけた」という記事によると接見した弁護士による様子が伝えられています。

同容疑者は憔悴(しょうすい)しきっており、点滴を受けなければならないような状態で、「柏と日本サッカー界に迷惑をかけた」と話したという。

補強のことなど、チームに与える影響も大きいです。

柏選手を送検「サッカー界に迷惑かけた」でも「最終的には解雇は避けることができない状況」とされています。

■関連エントリー

川崎フロンターレの茂原岳人容疑者が逮捕
川崎フロンターレ、茂原岳人容疑者と契約解除
茂原岳人、甲府で再出発
甲府・茂原岳人、7試合出場停止
柏レイソル・茂原岳人、また逮捕