日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーに、浦和レッズから6人の選手が選ばれました。

GK 都築龍太
DF 田中マルクス闘莉王
DF 阿部勇樹
MF 鈴木啓太
FW 永井雄一郎
FW 高原直泰

ACLのある鹿島アントラーズ、ガンバ大阪からは選出されていません。

闘莉王、阿部、鈴木あたりは順当なところだと思いますが、都築、永井が選ばれたのは嬉しいですね。

特に永井は絶好調なので、これでもし代表に選ばれなかったらどうなるんだろう、ともチラと思ったり。

日本代表自体にはそれほど興味はないのですが、もし永井が先発するようなことがあれば見たいと思います。

好調とは言いがたい高原も選出されていますが、後がないことは本人がもっとも自覚しているところでしょう。勘を取り戻すキッカケになれば良いのですが。

まずは日本代表に選ばれないと、ですが。

■関連記事

絶好調・永井5年ぶり帰ってきた

2得点した鹿島戦を視察した岡田監督も「後ろに下がってから前に出る力がついた」と評価した。

浦和・都築が日の丸守護神争い参戦

「昨季も浦和の堅守の要。一度呼んでみたかったし、GK3人と競争してほしい」と評価された。

「闘莉王はDF」指揮官キッパリ

岡田監督は「闘莉王はDFとして考えている」と明言し、手薄なDF陣の救世主として期待。

「危機感あります」高原は悲壮

岡田監督も「決していいパフォーマンスではない。彼には時間が必要。あれだけ実績あるし、どっかで上がってくるよ」と“長い目”で見守る構えだ。

闘莉王、守備に専念

ゴールを奪うなどその攻撃力で浦和を不振から脱却させた闘莉王だが、岡田ジャパンにとってはその守備力こそが最も求められている。

浦和・永井、03年以来の代表!アジアでの強さを見せる

メンバー入りを知らされないまま練習を終え、「代表? ないんじゃないですか。期待はしていません」と話していたが、03年6月のコンフェデ杯以来、4年10カ月ぶりの復帰。

高原「危機感ある」“背水の陣”結果出す!

「危機感? もちろんある。一番分かっているのは自分自身」背水の陣を敷いた。今季浦和に移籍後、リーグ開幕から40日間無得点。

都築、約2年ぶり代表守護神目指す!

「代表はあまり意識していなかった。でも、浦和で試合に出ることは代表戦と同じ。観客も多いし、独特のプレッシャーがある。去年はACLでいろいろな経験を積むことができた」