大宮のヒラ社員MF斉藤2ゴールという記事より。

見たか、これがサラリーマンパワーだ。大宮のMF斉藤雅人(32)がJリーグでは自身初の1試合2ゴールの大活躍でチームに今季2勝目をもたらした。

「大宮アルディージャ」社員選手である斉藤雅人が自身初となる1試合2ゴールを決めて大活躍した、というニュースです。

Jリーグの選手はみなプロ化したと思っていたのですが、こうして社員選手も頑張っているのですね。

所属としては、NTT東日本からNTTスポーツコミュニティーへの出向社員だということです。

「これで日当つきますね。たぶん、500円くらいです。ナイターなら残業代で500円から1000円くらいですけどね」

社員ですからね、確かに日当だったり残業代だったりするのですね。

「プロの道もありましたが、僕はこのやり方がよかった。楽しめますし。そろそろ引退も近いですけど、サッカー辞めても会社でがんばれますから」

引退後は、NTTに戻るのですね。

ちなみに現在はスポーツキャスターをしている元浦和レッズの水内猛も、最初は社員選手でした。

斉藤雅人 - Wikipediaを見たら、浦和市出身で武南高等学校だったりと、超地元でした。

旧JFL時代からのチーム唯一の生え抜き選手で、球団職員(NTT所属の社員選手)でもある。

他にも社員選手がいるのかと思ってググッたら社員選手 - Wikipediaという項目がありました。

社員選手(しゃいんせんしゅ)とは、Jリーグの各クラブにおいて、法人(クラブ)と雇用契約のみを締結している選手のこと。一般的には出資企業(いわゆる親会社)から出向している所属選手のことを指す。

2008シーズンは斉藤雅人だけでなく、FC東京の浅利悟もそうでした。

そして面白いのは、浅利悟は斉藤雅人の高校時代の1年先輩だったりするのですね。不思議な縁です。