アルビレックス新潟に勝利し、真価を問われるのはアウェイの清水エスパルス、ジュビロ磐田戦なのですが、まずは清水エスパルスに勝利しています。

しかも、前半に1-0とリードされたのを、後半に1-2にひっくり返すという勝ち方で。

浦和レッズ08ホームユニフォーム半袖

エンゲルス監督就任以前であれば恐らく、先制された時点で心が折れていたのではないかと思います。

今回は観戦していないので推測でしかないのですが、後半に山田から梅崎に交代することで、かなりボールが動くようになったのではないでしょうか。

スピードを持って突破していく梅崎の姿が目に浮かぶようです‥‥。

キレていない時の山田はどうしてもボールを持ってからの判断が遅れがちなのですが、最近はずっとこのキレてないモードでしたから、交代も仕方のないところでしょう。

うかうかしていると、先発落ちの危険すらあるのではないでしょうか。

エジミウソンも得点、永井も絶好調と、ジュビロ磐田戦も、ホームに鹿島アントラーズを迎え撃つのも楽しみです。

ようやく楽しいサッカーが戻ってきました‥‥。

浦和逆転にエンゲルス監督ご機嫌という記事では「もう少しオフェンス的にいかないといけないと思った。梅崎はよかったね」というゲルトのコメントが。

梅崎で逆転、浦和のムード変えたには梅崎の嬉しそうな笑顔の写真が。

「今日はガラっとチームが変わってよかった。選手ならば先発で出たいけど、今はチームのためにやるだけ」

梅崎の先発というのは十分にアリだと思います。

試合後の選手コメント

「単純にサイドから攻めるだけでなく、バイタルエリアで一度クサビのパスを受けないと相手も崩れないと思ったので、そこでどんどんボールをもらってから変化をつけたいなと思っていた」

というのが頼もしいです。

■関連記事

浦和連勝!エジミウソン豪快V弾

後半25分、約30メートルの重戦車ドリブルで相手DFをなぎ倒すと、左足でゴールに突き刺した。「自分のスピード、技術を信じた」

浦和エジ逆転弾!高原欠場でも困らん…

この日、同点となるオウンゴールを誘発したFW永井も絶好調で「高原を入れるタイミングが難しい」と中村修三GMが語るほど、前線は充実を誇る。

闘莉王2度目ボランチ出場で躍動!浦和が清水に逆転勝ち

今季は開幕から公式戦4試合、白星がなかった浦和だが、復帰した闘莉王がボランチ起用された2試合で2連勝。エンゲルス監督も「闘莉王は仕事ができていた」と評価した。