FWフッキが川崎F退団、移籍先は未定という記事より。

川崎Fは26日、FWフッキ(21)が退団すると発表した。起用法などに不満を持っていたフッキが移籍を希望し、クラブ側は慰留したが交渉は決裂した。

川崎フロンターレの超強力3トップの一角だったフッキが、わずか2試合出場で退団することになっています。

起用方法に不満を持っていたそうですが、リーグ戦の途中交代が気に入らなかったみたいです。

フッキは昨季、期限付き移籍していた東京Vで37得点を挙げ、J2の得点王に輝いた。

川崎に復帰して期待されていたところだったと思うのですが。

「フッキは素晴らしい能力を持った選手だが、チーム一丸で戦うという川崎の方針に合わない選手であるとの結論に達した」という社長コメントが。

移籍先は未定ということですが、フッキ川崎F電撃退団!東京V復帰?という記事も出ています。

「中東など海外を考えているが、Jなら個人的には東京Vが一番いい。コロコロとチームをかえるのはイメージ的にも良くない」

確かに東京ヴェルディだったら、在籍してチームなのでやりやすいでしょうね。

「出場することが当たり前だった東京Vと違う扱いに我慢できず」という、精神面での脆さもあったみたいです。

浦和レッズもそうですが、優勝候補と目されていても、なかなかうまくいかないものです。

■関連記事

フッキわずか4戦で退団…川崎71発3トップ崩壊

今後、フッキはJ1クラブを中心に、新天地を探すことになる。川崎は完全移籍を条件にしており、移籍金は約5億円に設定されると思われる。

川崎の強力3トップ崩壊!フッキが退団、他クラブへの移籍へ

東京Vで昨季J2得点王のフッキは今季、川崎に復帰。ジュニーニョ、鄭大世とともに強力3トップとして期待されたが、リーグ戦では第2節まで無得点だった。