浦和、またも勝てず 札幌J1復帰後初勝利…ナビスコ杯ということで、エジミウソンがハットトリックしたけれど、守備陣がこらえきれずに崩壊です。

今季J1は開幕2連敗で、20日のナビスコ杯開幕戦も敗戦。浦和は前半にエジミウソンのハットトリックで3―1とリードしながら追いつかれ、またも白星を挙げられなかった。

試合を見ていないのでなんとも言えないところですが、今シーズン初の得点に関しては前向きに捉えています。

鈴木、阿部、闘莉王、ポンテと昨シーズンのレギュラーが3人もいないのですから、ある意味では守備も厳しくなろうものかと。

本来であれば代わりに出てくるような選手に期待したいですが、昨シーズンはメンバー固定で戦っていたのでなかなか難しいのかな、とも。

とはいえ、坪井、堀之内の最近のあぶなっかしい守備が見ていられないのは確かなのですが。ものすごく自信を喪失している気がします。

これで闘莉王やポンテが戻れば改善される可能性はありますが「○○頼み」のサッカーからは脱却したいところです。

エジ3発!浦和それでも勝てない…ではエンゲルス監督の「リーダーシップを取ったり、落ち着いている選手が少なかった」というコメントが紹介されていますが、山田に気合いを入れて欲しいのですけどね‥‥。

開幕戦からやりたかったトップ下として先発出場していたはずなのに、やるきのない時間帯にでも突入しているのでしょうか。

浦和は勝利を忘れてしまったのか…では、

後半開始から4―3―3を3―4―3に変えた京都の反撃を、1分もこらえられない。0分に柳沢にゴールを許すと、9分にも失点した。

と。なんだかこう、バタバタする守備陣が目に見えるようです。

首脳陣は「今季はすべてのタイトルを獲りに行く」と言っているそうですが、まだそんなこと言っているのか、という気もします。

どうしたら失った自信を取り戻せるのか。やはり勝利でしょうか。

■関連記事

U―23代表に弾む梅崎2アシスト

前半19分、右サイドで平川からのパスを受けると、すかさず相手GKとDFの間に絶妙なクロスを入れ、エジミウソンのゴールをアシスト。同35分にも自らのシュートのこぼれ球を拾って後方に戻し、2点目をアシストした。

浦和、守備で集中力続かず…ナビスコ杯

問題は守りだ。守備陣の集中力が90分間続かない。3失点のうち、2点は得点直後と後半開始直後で、点をやってはいけない時間帯にあっさりと失った。

浦和、3得点でも勝てない…後半追いつかれ無念のドロー!

MF相馬が「おれらはチャレンジャー。失うものはないからビビらないで思いっきりやり続けられればよかったけど、2点リードして守る側になった」と話すように、消極的なプレーからミスを連発。

浦和10戦勝ちなしの屈辱/ナビスコ杯

国内公式戦は昨年10月20日千葉戦(4―2)以来、10戦連続の未勝利。アジア王者の自信喪失は深刻だ。

浦和エンゲルス監督は前向き/ナビスコ杯

「内容も結果も後半はついてこなかったが、1つのステップになった試合。今季初のポイント(勝ち点)で初ゴールもあった。楽観的かもしれないが、今は(代表組など)メンバーがそろっていないし、1つのステップはできた」