客が増えるとチームは負けるというエントリーより。

ベガルタを皮切りに、全28クラブを調べたところ、正の相関関係、つまり観客が多いときに好結果を残しているのは、清水と横浜FCの2クラブのみ。それ以外の26クラブはすべて負の相関を示していた。

サポーターの応援は試合結果には影響しない?という調査以降、Jリーグに関していろいろなデータを調べる人が出てきました。

数字で並べて見ているとなかなか興味深いのですが、今度は「Jの多くのクラブでは、観客が増えると勝てなくなる」というデータが。

確かに浦和レッズは「ここ一番」という試合で勝てていないような印象はあります。埼玉スタジアムが超満員になっているような、大舞台です。

とはいえ、

サポーターが多い
→注目度が高い試合
→優勝を左右するような重要な試合
→選手はただでさえプレッシャー

ということで、非常に緊張感が高い試合ですので、選手が普段通りの力を発揮できない、ということもあるのかな、などと思ってしまいました。

でも本来であれば、そこをサポーターの力で変えられれば、と思うのですけどね。

しかし、60,000人も集まると応援の声をすごい訳ですが、ため息や悲鳴も相当なものですから‥‥。

Jリーガーたちは、そうした周囲のプレッシャーを楽しめなくてはいけません。ただサッカーがうまいだけでく、精神力も必要です。