浦和山田主将チーム30人にうな重おごるという記事より。

浦和は連敗脱出へ、山田主将がうなぎの験担ぎでチームの士気を高めた。この日の昼食用に浦和名物の上うな重を30人分注文し、チームメートにプレゼントした。

チームメイトからは「やっと主将らしいことをした」と言われているみたいですが、浦和レッズ主将の山田暢久が、自腹で上うな重を30人分、出前したそうです。

岡野によると「以前はうなぎを食べると必ず試合に勝っていたから」だそうです。

ちなみに1人前2,450円で、73,500円だそうですが、これで試合に勝てれば安いものかもしれませんね。

23日のナビスコ杯京都戦での今季初白星に向け、選手の高揚感もうなぎ上りとなっていた。

ちなみに、うなぎは浦和の名物です。

浦和今季初勝利へ「うなぎ」「福田魂」では、闘莉王に「たまにはやるな」って言われています。

浦和が福田コーチの熱血指導で活気という記事によると、

エンゲルス新体制になって、広瀬コーチがサテライト監督からトップコーチに就任。福田コーチはサテライト監督に昇格

しているそうで、ミニゲームにも参加して指導するなど、責任ある立場になって張り切っているみたいです。

■関連記事

ポンテ順調回復来月中旬来日へ

山道守彦強化部長は「ある程度プレーできるようになってからになると思うが、4月中旬に来日して、5月頭の復帰を目指している」と話した。

浦和ドロ沼連敗脱出へ“達也頼み”得点力不足はオレが解決!

「もう違和感なくできている。どんどんシュートを打っていきたい。打たなければ入らない」