ファンの応援は結果に影響を与えないというエントリーより。

ドイツ人研究者の研究によって、スタジアムでのファンの応援は試合の結果には影響を与えないことが明らかに。

しばしばホームスタジアムでのサポーターの声は力になるという、選手のコメントを目にしますが、実際にはサポーターの声援は試合結果には影響を及ぼさない、という調査結果が明らかに。

独ミュンスター大学のアンドレアス・ホイヤー博士とオリバー・ルブナー博士の両研究者が1965年から2007年の43年間にドイツのブンデスリーグで行われたサッカーの試合、約1万2000の結果を分析した結果、ホームでの試合はアウェーでの試合よりも0.7ゴール多く、得点を上げていることが判った。

この0.7ゴールというのは統計上の誤差として「サッカーの試合はホームでの試合が有利だというのは幻想に過ぎない」と結論付けられています。

選手たちがいつでも全力で試合に臨むのであれば、ホームであろうとアウェイであろうと関係ありません。

追記:「サポーターの応援は試合結果には影響しない」なんて大間違いによると、

特にホームが得意なチームとそうじゃないチームがあるわけではなく、どのチームも同じくらいホームを得意としている。

という研究が誤って伝えられたようです。

さらにJリーグの得点数も検証されています。

勝率の平均がホームが47%、アウェイが36% というところだけでもアウェイよりもホームのほうが勝ちやすいと言えそうです。