北海道がプロ・アマ一体の独自リーグ創設という記事より。

北海道サッカー協会は14日、道内のプロ、社会人、大学、高校の各部門強化のためJ1の札幌などの7チームで北海道チャンピオンズスーパーリーグを創設すると発表した。

北海道に、高校生、大学生、社会人、プロが対戦する「北海道チャンピオンズスーパーリーグ」が創設されるそうです。

北海道内のチーム強化のためということですが、もちろんJ1に昇格したコンサドーレ札幌も参戦するそう。

リーグの形式は2回戦総当たりで4月3日から11月29日までに各チーム12試合を戦う。札幌もJリーグやカップ戦がない日に日程を消化する。

Jリーグに参加しているチームでも、こうして別リーグに参戦するというのもアリなのですね。知りませんでした。

参加するチームは、コンサドーレ札幌の他、

昨年の北海道リーグ優勝のノルブリッツ北海道FC、同2位の札幌ウインズFC、昨年の北海道学生リーグ覇者の札幌大、同2位の道都大、昨年のプリンスリーグ北海道を制した札幌ユース、同2位の室蘭大谷高。

となっています。

「若手の試合数確保に悩んでいた。北海道サッカー界の連携を強化したい」と札幌の強化部長。確かに若手にとっては重要なリーグになりそうです。