ゼロックス杯の家本主審、一定期間J外しという記事より。

日本サッカー協会の松崎康弘審判委員長は5日、1日のゼロックススーパー杯鹿島-広島戦で警告、退場処分を連発した家本政明主審について当面、Jリーグの審判を担当させない方針を示した。

ゼロックススーパーカップで試合を混乱させたなどとして、主審を務めた家本政明氏にしばらくJリーグの試合を担当させないという処分が下されることになりました。

やり直しになったPKに関しては、確かに曽ヶ端が飛び出しているのですが「前半12分に岩政に警告を出したときにちゅうちょした」ことから試合が混乱したと分析しています。

同委員長は「冷却期間が必要」と家本主審を当面はJリーグの審判から外す方針で、早ければ6日にも今後の対応を発表する。

選手との信頼関係も崩れてしまっているでしょうからね。

ちなみに家本政明氏、過去にも1ヶ月間の停止処分を受けていたことがあります。なので、これが初めてという訳ではありません。

感情的になってしまうのかどうか分かりませんが、カードを連発して試合をコントロールできなくなってしまうみたいです。

とはえ「スペシャルレフェリー」として、期待される人物でもあるのですよね。詳しくは家本政明 - Wikipediaもどうぞ。

■関連記事

頭冷やせ!家本審判に出場停止処分

鹿島からはPK戦のやり直しなどについて異議を唱えられているが、審判委員会では判定自体は正しかったと判断。6日にも鹿島側に返答を送付する。

家本主審一定期間笛はく奪…ゼロックス杯で警告乱発

松崎委員長は「判定は正しかったが、対応は悪かった。処分ではないが、頭を冷やす期間が必要」と話した。

警告乱発の家本主審に“一時休養”も…6日処遇発表の見通し

同氏は06年8月にも警告を11枚出し、2人を退場処分にしたレフェリングが問題視され、1カ月間の出場停止になったことがある。