磐田・佐藤コーチが選手登録…チーム初の現役復帰という記事より。

J1磐田は20日、昨季限りで引退した佐藤洋平・ジュニアユースGKコーチ(35)を選手登録すると発表した。

2007シーズン限りで引退し、ジュニアユースのGKコーチを務めていたジュビロ磐田の佐藤洋平が、チーム事情から現役復帰することになりました。

チーム事情というのは故障者が出ているということで、3人のうち八田直樹が骨折で全治3ヶ月と診断され戦列を離れたため。

補強に動くも契約はまとまらず、現役引退したばかりの佐藤洋平に白羽の矢が立ったということです。昨年に引退したばかりだった、というのも良かったのでしょうね。

契約期間は6月末までで背番号は36。

GKのうち一人は川口なので、日本代表に招集されることも多いでしょう。と考えると、実際に試合出場する機会もありそうです。

引退の磐田・佐藤が期間限定復帰では「これまで引退から現役復帰したケースは鹿島のジーコらの例がある」とも。

引退した選手の現役復帰はジュビロ磐田では初めてということです。

ちなみに浦和レッズにはGK登録されている選手は4人います。

■関連記事

磐田佐藤Jユースコーチが現役復帰

今季はGK3人体制で臨む予定だったが、八田が1月に左足第5中足骨を骨折。川口が日本代表で不在のことも多くGK不足に陥っていた。