仙台4選手がキャンプ地で酔って車を破損という記事より。

J2仙台は12日、6日にキャンプ地の宮崎県延岡市内で、若手選手が酒に酔い、乗用車を破損させていたことを明かした。この日、Jリーグにも報告した。

宮崎県でキャンプをしていたベガルタ仙台の若手4選手が、酔っ払って駐車場に停めてあった軽ワンボックスの屋根に上って破損してしまったそうです。

クルマを破損させたのは、MF金子慎二(20)富田晋伍(21)DF細川淳矢(23)一柳夢吾(22)の4選手。3人が金子をクルマの屋根に押し上げたのだとか。

事の重大さに気づいたほかの選手が、車の所有者である飲食店経営の男性を探し出して謝罪した。

酔っ払ってクルマの屋根に乗るというのは、かなり悪質です。自分たちがプロのサッカー選手であるという自覚も、アルコールで吹っ飛んでしまったのでしょうか。

男性から「警察ざたにはしない」と言われて約30万円で和解したのですが、この事件を見ていたのか誰かから聞いたのか、2ちゃんねるの書き込みから事件が明らかになりました。

仙台4選手、酔っ払って車壊す!ネット書き込みで発覚によると、

事件が明らかになったのは12日で、ネット上の事件に関する書き込みを質問された手倉森監督がチームと相談。Jリーグに報告してから、この日、延岡入りしたチーム広報とともにようやく事件を公表した。

ということです。現場スタッフからクラブ側への報告にも事件から4日を要しているので、なんとか事件をもみ消そうとしていたと疑われそうです。

■関連記事

仙台4選手がキャンプ地で酔って車壊す

仙台は翌7日から延岡キャンプ最後の練習日となる14日まで選手、スタッフの外出を禁止。早ければ13日にも選手個人への処分を下す。

酔って軽自動車を破壊!J2仙台4選手に厳重注意

6日夜に行われた選手会主催の夕食会後、金子が酔った勢いで飲食店の駐車場にあった軽自動車の屋根に上がり、へこみ傷をつけた。