マラドーナ“神の手ゴール”を謝罪?という記事より。

元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏(47)が“神の手ゴール”を謝罪したと31日付の英紙サンが報じた。

イギリスに滞在しているマラドーナが、1986年のメキシコW杯を振り返り「もし昔に戻って歴史を変え、謝罪できるのならそうするだろう」と発言したことが伝えられています。

これまで明確な謝罪はなかったそうです。とはいえ「でもゴールはゴール。アルゼンチンは優勝したし、オレは世界最高の選手だった」と語り、マラドーナらしさを発揮しています。

「神の手ゴール」とはコレ(↓)です。

■関連記事

マラドーナ氏「神の手ゴール」謝罪と英紙

同氏は「もし謝罪して昔に戻り、歴史を変えられるならそうしたい」と述べた。一方で「でも歴史は変えられない、自分にできることは前に進むことだけだ」と話している。