小野にボーフムから正式オファー ドイツ1部リーグという記事より。

Jリーグ1部(J1)浦和は25日、ドイツ1部リーグ、ボーフムから元日本代表MF小野伸二(28)の獲得に向け、条件提示を含む正式な申し入れがあったことを明らかにした。

年が明けてからドイツに渡った際はケガが懸念されてオファーに至らなかったのですが、ようやく正式なオファーが届いたそうです。

「移籍金などの条件面で隔たりはなく」ということなので、小野伸二の移籍はほぼ決まり、ということですね。

小野伸二が再び輝くために、環境を変えるというのは良いことだと思います。浦和レッズに戻ってからは、どうしてもケガがちだったりで本来のプレイができてませんでしたからね。

■関連記事

ボーフム小野、週明けにも誕生

今回、小野自身がボーフム移籍に前向きな姿勢を見せており、同幹部は「引き留めることはできない」との姿勢を示した。

ボーフム決定的!小野2・3初陣へ

浦和の中村修三GMによれば、浦和側には「24日の朝、ボーフムから文書が届いた」と言う。条件面は成績次第でアップするインセンティブを含め、総額1億6000万円(推定)の複数年契約で基本合意したことが判明。

浦和・小野のボーフム入りが決定的…正式オファー届く

代理人の秋山祐輔氏は「(小野が)今度、向こうに行くときは契約するときです」と語った。国内で自主トレ中の小野は近日中にも渡独、ウォルフスブルクに移籍したMF長谷部に続き、浦和から小野もドイツでプレーすることになりそうだ。