海外移籍の浦和MF長谷部が退団あいさつという記事より。

ドイツ1部ボルフスブルク移籍が決定的な浦和MF長谷部誠(23)が15日、さいたま市内の浦和クラブハウスを訪問した。

複数クラブからオファーがあったようですが、長谷部誠の移籍先は、ドイツのボルフスブルクで決まりのようです。

「自分が成長できる環境を選んだ。契約の細かい条件や環境の良い方でプレーした方がいいと思った」とコメントしています。

どこまでできるかは分かりませんが、4〜5年は日本に戻らない覚悟で頑張って欲しいです。

■関連記事

長谷部30日ドイツ杯でデビューも

移籍先をセリエAシエナと悩んだ末、決め手となったのは名将マガト監督の評価だ。「それが一番大きい。ブラジル代表(MFジョスエ)とかもいるし、勝ち抜いて成長したい」。