奥の引退の意思は覆らなかった…という記事より。

横浜FCの元日本代表MF奥大介(31)が13日、現役引退を発表した。94年に磐田入りし、黄金時代の主力として活躍。02年に移籍した横浜でも現日本代表・岡田監督の下、欠かせない存在だった。

横浜FC・奥大介が現役引退ということでお伝えはしていましたが、奥大介の引退が正式に発表されてしまいました。

気力の衰えを理由に昨年12月12日、引退を申し入れた。

人間不信から気力がなえてしまったということだっただけに、残念ではあります。FC琉球からのオファーもあったということですが、最終的に引退を決断しています。

「皆さまから常に温かい声援をいただき、本当に感謝しています」と奥。

奥が引退発表…横浜C元日本代表MFによれば、引退会見を行う予定もないそうです。一つの時代を駆け抜けた功労者としては、少し寂しいですね。

■関連記事

元日本代表MF奥大介が引退

2月7日に32歳となる奥は日本代表として26試合出場で2得点。兵庫・神戸弘陵高から磐田に入団し、磐田と横浜の黄金時代を支えた。昨季は横浜FCでプレー。J1通算280試合出場で62点を挙げた。