浦和・高原で実現!「代表フル参戦」という記事より。

この日は初めて去就について言及。浦和の2文字こそ口にしなかったが「自分の中で方向性は固まっている。6日に始まる(フランクフルトの)合宿までには、はっきりさせたい。3~4日で決まると思いますよ」と晴れやかな表情を見せた。

日本での休暇を終え、ドイツに戻る高原直泰が心境を語っています。

それによると「浦和」とは出さないものの、方向性は固まっており、6日から始まるフランクフルトの合宿までにははっきりさせたい、と語ったということです。

いろいろと記事をみると、条件面では浦和レッズ移籍に合意していると伝えられているので、それが正しければ近日中にも浦和レッズ・高原直泰が誕生することになりますが。

浦和レッズに関しては、次のように語ったそうです。

「日本で一番のクラブと思う。強いだけでなく、取り巻く環境、ファン、会社とかトータルして日本では群を抜いていると思う」

好印象? ドイツの複数クラブからもオファーが届いているということですが、サッカー日本代表で戦うためにも、日本国内への移籍を考えていたようです。

「日本復帰についてはずっと考えていた。そのタイミングに迷っていた」と語っています。

でも実際に発表されるまでは、何があるか分かりませんからね。

病とフットボール―エコノミークラス症候群との闘い (角川SSC新書 (016))

病とフットボール―エコノミークラス症候群との闘い (角川SSC新書 (016))

■関連記事

高原「浦和は日本一」移籍へ前向き

古巣の磐田からもラブコールがあったが「強いだけじゃなく環境…ファン、会社などをトータルして日本で抜けている」と浦和を絶賛した。

「浦和・高原」4日にも誕生…「方向性決めている」渡独前に決心明かす

浦和とは推定年俸1億2000万円の複数年契約で基本合意。推定120万ユーロ(約1億9000万円)の移籍金などのクラブ間交渉を残すだけとなっている。

高原、国内復帰「考えていた」3日にも監督と去就会談へ

「向こうに行ってどういう話になるか。移籍の話も出ているけど、まずはチームの方向性を確かめたい。前半戦はシステムも固まっていなかった。そういうことを聞きたい」