横浜FC室井が引退、指導者転身へという記事より。

横浜FCのDF室井市衛(33)が今季限りで現役を引退することが26日、明らかになった。

横浜FCのJ2降格決定から時間をかけて、引退を決意するに至ったそうです。「人に恵まれ、チームに恵まれた。やり残したことはない」と語っています。

ヘディングの強さと的確なポジショニングで黄金時代を支え、磐田と対戦した98年チャンピオンシップ第1戦でVゴールを決めるなど、攻守で貴重なバイプレーヤーとして4冠に貢献した。

地元浦和の田島中学出身で、2000年にレッズがJ2に降格したときに戻ってきてくれたことは忘れません。

その後、横浜FCでは出場機会も多くはなかったようですが、J2降格ということで、気持ちに区切りができたのでしょうかね。

今後は指導者を目指すということです。