奥が引退…久保解雇で“人間不信”という記事より。

横浜FCの元日本代表MF奥大介(31)が今季限りで引退することが決まった。

ジュビロ磐田、横浜マリノスでもプレイした、日本代表経験もある横浜FC・奥大介が、現役引退する意向だそうです。

クラブからは翻意を促されたものの、決意は固かったということです。

「面倒見のいい性格でチーム内外に“奥信者”が多かった」ということで、チーム内外で重要な役割を果たしていたと思いますが、

クラブ幹部から「2人とも3年はいてもらう」と言われていた親友のFW久保が突然解雇され、自身も大幅減俸。

そこから人間不信になり、気力が続かずに引退を決心したのだそうです。

確かに横浜マリノスから久保と揃って移籍したときは、並々ならぬ決意があったはずですから、突然の監督解雇に加え、親友の解雇ともなれば、気力も衰えてしまうかもしれません。

移籍するという道もあったはずですが、もしかすると抗議の意味もあっての現役引退なのかな‥‥という気もしてしまいました。

まだ31歳、眠らせてしまうには惜しい技術と経験の持ち主だと思いますが。