紛れもなく浦和の1年!ベスト11に5人選出…Jアウォーズという記事より。

Jリーグの年間表彰「2007 Jリーグアウォーズ」が17日、横浜アリーナで行われ、最優秀選手賞(MVP)には豊富な運動量で浦和を引っ張ったMFポンテ(31)が選ばれた。また、ベストイレブンには浦和から最多の5選手が選出。

「リーグ連覇こそ逃したものの」という枕がつくのが悔しいですが、5人もベストイレブンに選出され、さらにポンテがMVPというのは喜ばしいことです。

「優勝はできなかったけど年間を通してみれば、この選手が頑張ったというのは誰もが認めるところ」という闘莉王の言葉が、全てを物語ります。

浦和レッズから選出されたのは以下の5人です。

・都築龍太
・田中マルクス闘莉王
・ポンテ
・鈴木啓太
・阿部勇樹

「みんな限界近くまでやっていた。限界を超えている選手もいっぱいいた」と啓太がコメントをしていますが、納得の選出です。

そしてMVPにポンテ。

豊富な運動量でJリーグ、ACL、A3杯など過密日程に挑む浦和を引っ張った姿は最優秀選手に文句なし。

というのは確かにそうでしょう。残念ながら、Jリーグ最終節で右ひざ前十字靱帯を損傷したポンテはブラジルに帰国しているので授賞式は欠席です。

ポンテに代わり、鈴木啓太がコメントを代読しています。

記事のしめは次のように。

確かに終盤は天皇杯でJ2愛媛に敗れ、リーグ優勝も目前で逃した。それでも、Jリーグは浦和を中心に回っていたのは事実だ。黄金時代を迎え、多くの勲章を胸に来年も日本サッカー界を席巻する。

でも平行して考えなくてはいけないのは、次の世代のこと。

ベストイレブンに選出されたような選手たちは、いつまでも浦和レッズにいるとは限りません。

今シーズンは固定メンバーで戦いましたから、育成には全く目が向けられていなかったといっても過言ではないでしょう。

来シーズンも大きな補強があるようですが、決して選手層が厚いとは、言えないと思います。

来シーズン以降、そこが浦和レッズのウィークポイントになる可能性は大きいです。

■関連記事

浦和ポンテがMVP、母国で聞いた朗報

今季はリーグで出場停止の1試合を除く33試合に出場し、リーグトップの16アシストをマークしてベストイレブンとの2冠を受賞した。

JリーグMVPにポンテ、新人王菅野

Jリーグ・アウォーズ(年間表彰式)は17日、横浜アリーナで開かれ、浦和のMFポンテが最優秀選手賞(MVP)に輝いた。また得点王は22得点の川崎FのFWジュニーニョ、新人王は横浜FCのGK菅野が獲得した。

「赤い靴下」登場に会場沸いた

MVPのポンテの代役で岡島(右)からトロフィーを受け取る(左から)闘莉王、なぜか下にもぐる阿部、都築、鈴木、藤口社長

“4億円選手”浦和・ポンテMVP

ゴールを量産するタイプではないが、アシスト数16はリーグ首位。あるクラブの幹部は「4億円出してもポンテが欲しい」と話した。週1度は寿司店に通い、大好物の穴子を食す日本通で、昨年5月の結婚も日本で決めた。さいたま市内の一戸建ては、05年まで在籍した03年MVP・エメルソンの住居。

ポンテMVP&来年1月挙式!浦和中盤仕切りアジアV貢献

リーグ戦連覇こそ逃したが、04年レバークーゼン時代に欧州CLでRマドリードを撃破した日本最高の司令塔の評価は絶大だった。