トルシエ氏 FC琉球総監督に就任!という記事より。

元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏(52)がJFL・FC琉球の総監督に就任することが17日、明らかになった。

元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が、JFLの「FC琉球」の総監督に就任することが明らかになったということです。

19日に那覇、20日には都内で記者会見が行われるということで、トルシエ氏の「FC琉球」総監督就任はほぼ決定なのですね。

FC琉球は03年2月にJリーグ入りを目指して設立され、06年から沖縄のチームとして初めてJFLに昇格した。

沖縄から将来のJリーグ入りを目指している「FC琉球」ですが、今シーズンもJFLで18チーム中17位と不振にあえいでいます。

「FC琉球」といえば、Jリーグでもプレイしていた選手が在籍していたと思うのですが、FC琉球 - Wikipediaを見ると、やはり名前を見たことある選手が何人かいます。MF小野正朋は、小野伸二の弟ですね。

FC琉球以前に沖縄県内でJリーグ入りを目指していたクラブとして沖縄かりゆしFCがあったが、方針の違いから2003年にラモス瑠偉らがかりゆしを集団退団し、その選手たちが中心となって2003年に結成された。

設立にはラモス瑠偉も関わっていました。

チーム関係者が今後の強化策について話し合った結果、「カリスマ性のある大物指導者の招へいが不可欠と判断」したそうで、複数の候補者に絞り込んでトルシエ氏をリストアップしたのだそう。

そして2007年夏から猛アタックを開始したというのが経緯だそうです。

それにしても、元日本代表監督をリストアップしてアタックするというのもすごいですね。JFLのクラブですからね。

沖縄との接点はなかったが、交渉を重ねるうちに、同氏が沖縄の歴史や環境に大きな関心を示したこともあって、このほど「総監督」就任を了承。

「総監督」という立場なので、いつも沖縄にはいないと思いますが、沖縄の歴史や環境に関心を持ち、了承したというのが興味深いところです。

「最近もアイルランド、ベナン、オーストラリアなどから代表監督就任の打診」があったものの、全てを断った上での就任だそうです。

「FC琉球」に対しても一般の関心が向くでしょうし、まずは良かったというところではないでしょうか。

新監督の選任も任されているということですが、いっそのこと監督までやってしまってはどうでしょうね。

契約金などの具体的な条件については今後、詰めの作業に入るが、契約期間は複数年になる予定だ。

総監督就任は、お金の問題じゃないってことですね。

「W杯の代表監督もビッグクラブの監督も経験したが、夢と情熱しかないクラブチームを一からつくり上げる壮大なチャレンジにロマンを感じる」とトルシエ氏はコメントしています。

年間約120日は沖縄に滞在し、トップチームの指導だけでなく広くチーム全体の強化にかかわっていくことになる。

年の1/3にあたる4ヶ月は沖縄に滞在するということなので、名前だけではなく本気ですね。

子どもの育成に関しても「トルシエ・アカデミー」を設立する構想もあり、沖縄全体の底上げを狙っているということです。

沖縄出身のJリーガーといえば川崎フロンターレの我那覇が有名ですが、後に続く選手が登場すると良いですね。クラブとしては、まずはJFL昇格を目指して。

オシムジャパンよ! 日本サッカーへの提言

オシムジャパンよ! 日本サッカーへの提言

トルシエ革命

トルシエ革命

■関連記事

トルシエ氏、また日本に?FC琉球アドバイザーに就任か

最近ではコートジボワール代表などの就任も噂されたが金銭面の条件が折り合わず就任には至らず。今回も、最後のカギは金銭面とみられる。