クラブワールドカップの3位決定戦、浦和レッズはPKでアフリカ代表のエトワール・サヘルに勝利し、見事に世界3位になりました。

Fifa Washi1
2007 FIFA Club World Cup final day

開始早々、坪井がPKを献上し先制されます。

その後35分、相馬のクロスをワシントンが頭で合わせて同点に。エトワール・サヘルのDF陣は大きい選手が揃っているので、ワシントンのヘディングは難しいと思っていましたが、ここしかないというところで決まりました。

1-1で前半を折り返し、後半25分。永井のFKに、再びワシントンが頭で合わせて逆転に成功。これが最後の試合となるワシントンが、ヘディングで2得点を決めます。

このまま試合終了まで持ちこたえるかと思いきや、フットボールは恐ろしい。

後半30分、都築がボールの処理をしようとかがみかけたところを、シェルミティに素早くさらわれ同点に追いつかれます。2-2に。

そして両チーム、追加点を加えられぬまま、PKに突入。

ここまでくれば、どちらが勝ってもおかしくない状況なのですが、なんとなく都築が止めてくれるのではないかという予感がありました。

その期待に応え、1本目からエトワール・サヘルを止めます。そして4本目。止めれば浦和レッズの勝利となる場面で、やはり都築は見事に決めてくれました。

試合終了後、エトワール・サヘルのFWシェルミティが涙を流していたことが、この3位決定戦の重要さを物語っていたのではないかと思います。

それぞれの大陸の予選を勝ち上がり、トーナメントでここまで進んでくるというのは、本当に並大抵のことではないのです。

/////

ワシントンは、得点時にユニフォームを脱ぎピッチに置き膝をつき、サポーターに向かって頭を下げていました。イエローカードをもらいましたが、それが彼の偽らざる気持ちだったのでしょう。試合終了後も顔を覆ったまま、しばらくうごくことができなくなっていました。

/////

勝利したことからも分かるように、アフリカ王者のエトワール・サヘルとは互角に戦うことができました。身体能力は高かったのですが、組織として対応できるということが分かりました。個の強さが、ACミランとは全く違いました。

今後、浦和レッズがクラブとして目指していくべきは、クラブワールドカップの決勝進出ということになります。そのためには、欧州チャンピオンもしくは南米チャンピオンを下さねばなりません。

そのためには、何が必要なのか?

もちろんJリーグでも優勝争いをしなくてはなりませんが、世界のトップを目指すという、クラブとしての目標が新たになった大会だったのではないでしょうか。

浦和レッズは、世界で3番目のクラブチームなのですから。

/////

ワシントンは今日、日本を離れます。これだけ浦和を愛し、そしてサポーターから愛された選手がクラブを離れるのは残念でなりません。

100%の気持ちで、そして力で、浦和のために尽くしてくれたからこそ、サポーターからも愛されました。2年間という短い期間ではありましたが、ワシントンには感謝の気持ちでいっぱいです。

/////

浦和レッズでプレーするならば、
浦和レッズを愛さなければならない。
浦和レッズを愛するならば、
100%プレーしなければならない。
          ゼリコ・ペトロビッチ

■関連記事

「感謝の気持ちでいっぱい」ワシントン

(最後にサポーターに)最初から最後までベストを尽くして、すべてのタイトルを取るつもりでいたが、特にJリーグのタイトルを逃したことを謝りたい。でも、いつもサポートしてくれてありがとう

【FCWC エトワール・サヘル vs 浦和】試合終了後の藤口光紀社長(浦和)コメント

試合後もレッズは永遠に不滅だし、愛する気持ちは変わらないという話をしてくれた。ワシントンのレッズへの愛がこもったゴールだと思っています

【FCWC エトワール・サヘル vs 浦和】試合終了後のネネ選手(浦和)コメント

チームを去るのは寂しいけれど、良い形で終わりを迎えることができてよかった。今日の試合は一生忘れません

世界3位決定戦!!

ACミランよりも“ヴァー”って来そうな気がするし、本気で頑張んないとね!!

浦和3位、ワシ惜別の2発

「チームと別れるのは悲しい。ボクをクビにした男を救ったのも悔しかった」。確執の続いたオジェック監督を見返すように堂々と胸を張った。

阿部限界肉体で3バック統率

この日の今季最終戦はクラブでの52戦目だった。「(移籍1年目の)今年はやらなきゃいけない年。プロ1年目のつもりでプレーした」

浦和PK戦を制して3位

過去アジア勢で最高の3位となった。浦和は250万ドル(約2億7500万円)の賞金を獲得した。

ワシ号泣ゴ~ル!浦和有終3位

中村GMがあらためて来季契約しないつらい意向を通達すると、無念はしまい「絶対にゴールを決める。これ以上話すと泣いてしまう」と静かに席を立ったという。

啓太 大会の経験を次世代に伝える

「いい経験ができた。それは若い選手、子供たちに伝えていく義務がある。それが100年続いているミランの証でもあるから」

都築ミスを帳消し!PK止めた

「やってはいけない失点。僕自身が絡んだ。PK戦で取り返せたらと思っていた」

ワシ2発で浦和世界3位!号泣!絶叫!得点王!偉大な置き土産…トヨタ・クラブW杯

選手と対話のない学者肌の指揮官に対し、今季6回造反。ワシ弾の瞬間、複雑な表情を浮かべた指揮官は9月に放出決意し、新潟FWエジミウソンの来季獲得の方針を固めた。

歴史に名を刻んだ!浦和がアフリカ王者蹴散らし世界3位!

MF長谷部は「きょうのゲームだったら、PK戦に持ち込まれなくても勝てた。そういうところが、うちがリーグ戦で勝てなかった原因なのかな」と反省を忘れない。

“オレ流”貫いた!オジェック監督リーグV逃がすも最後に歓喜

日本代表・岡田監督(テレビ中継のゲストとして生観戦し、浦和の世界3位を見届けた)「レッズは対等以上にやっていた。ホームで勝ったというより力で勝ち取ってくれた。これは自信につながると思う。日本サッカー全体が自信を持てる。われわれにもレッズが3位になったのはものすごく大きなこと。(日本代表に)いい影響をくれるといいですね」

浦和・ワシントンが涙のサヨナラ弾!感動2発で有終の美飾った

指揮官は「彼こそが試合の基盤を作った。質の高い技を見せた」と会見で語り、ロッカーでも本人をほめたたえた。