浦和-ミラン戦が過去最高視聴率23%という記事より。

平均視聴率は23・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、前回大会決勝バルセロナ-インテルナシオナル戦(06年12月17日)の同20・5%を更新する同大会の過去最高をマーク。

浦和レッズ-ACミラン戦の平均視聴率が視聴率23.1%となり、クラブワールドカップの中継で過去最高になったそうです。

スタジアムは日本在住のミランサポーターも多かったようですから、テレビの前にもかなりの数がいたのでしょう。

日本のクラブ対ヨーロッパチャンピオンということでも、その他のサッカーファンにも注目されたかもしれません。特に前半を0-0で終えられたというのは、緊張感もあったのではないでしょうか。

瞬間最高は後半23分、ACミランMFシードルフが決勝点を挙げた瞬間(午後8時57分)の33・2%だった。

最高で33.2%はすごいですね。

なお、浦和レッズの阿部勇樹が、クラブワールドカップのMVP候補に入っているということです。

浦和MF阿部がクラブW杯MVP候補入り

阿部は候補8人の中の1人。決勝へ進出したACミランはMFカカら3人、ボカ・ジュニアーズも3人、浦和は阿部、3位決定戦で対戦するエトワール・サヘルから1人がノミネートされているという。

上位にいる4クラブから、合計で8人が選出されているということです。最終的には優勝したクラブから選ばれると思われますが。

と思ったら、浦和の阿部を世界が認めた!クラブW杯MVP候補に選出によれば、

シルバーボール(2位)、ブロンズボール(3位)の表彰もあり、“タイトル”獲得も決して夢ではない。

MVP以外の賞もあるようなので、3位決定戦も頑張って欲しいですね。