元日本代表MF山口素弘が現役引退という記事より。

来季からJ2に降格する横浜FCは14日、元日本代表MFの山口素弘(38)が現役を引退すると発表した。

横浜FCから契約更改しないことを通告され、現役続行を希望していたと思っていたのですが、引退することになったようです。

元日本代表で、横浜フルューゲルス、名古屋グランパス、アルビレックス新潟などでプレイしました。

J1で362試合、J2では106試合に出場した。

フランスでのワールドカップに出場したこともよく覚えています。

元日本代表の山口素弘が今季で引退によれば、

複数のクラブから獲得の打診もあったが、希望していた首都圏のチームからオファーがなかったことから引退を決意した。

ということです。現役を継続しようと思えばできたのですね。家族の問題などもあったのでしょう。お疲れさまでした。

■関連記事

横浜FC、元日本代表山口の引退発表

日本代表では98年ワールドカップ(W杯)フランス大会など国際Aマッチ59試合出場で4得点した。

横浜FC元日本代表・山口が引退 J1で362試合出場

群馬県出身の山口は前橋育英高-東海大から、日本リーグ時代の1990年に全日空でデビュー。