名古屋で行われたクラブワールドカップ準々決勝、浦和レッズ v.s. セパハンは、3-1で見事に浦和レッズが勝利しました!

Urawa Sepa1

FIFA.comのトップページにも永井の勇姿が。「Diamonds sparkle in Toyota」と書かれています。

テレビ観戦しましたが、ACL決勝直後にボロボロになっていたチームとは思えない動きでした。やはり疲労の蓄積が大きかったのですね。

それでもACL決勝までは戦えた訳ですから、気持ちではどうにもすることができない、そういう疲労だったのでしょう。このあたりのマネージメントは来シーズンの課題です。

右サイドに細貝、ボランチに阿部が入るなど、これまでの“定型”とはやや違う布陣になったメンバー構成でしたが、特に阿部と鈴木のダブルボランチは良かったように思います。

やはり阿部はボランチで使うべき? 鈴木とバランスを取りつつ、ディフェンスにしてもスルーパスにしても飛び出しにしても、本当に輝いていました。

時折、鈴木がゴール前に顔を出してはミドルシュートを放つのですが、完全なる宇宙開発ではなく、もう少しでゴールマウスを捉えるようなものもあり、セパハンには脅威を与えたことでしょう。

阿部に代わりディフェンスラインに入ったネネも、この試合では大当たりでした。パスやシュートなど、やはりポテンシャルのある選手なのだと再認識しました。

果敢なあがりを見せていた闘莉王も、自分らしさを出せたことでしょう。ただし失点シーンは余計でしたが。

そして大当たりだったのが左サイドの相馬。

2ちゃんねるの相馬スレにはこんなポストが。

良いプレーしてるだろ、あれ相馬なんだぜ‥‥嘘みたいだろ‥‥?

この試合に勝てばミランと当たるということが、海外サッカー好きの相馬のモチベーションになったのか、はたまたセパハンの右サイドが手薄だったのか分かりませんが、とにかく良かった。

突破もいい、センタリングもいい。結果、永井の得点、永井を経由した相手のオウンゴールに繋がっていく訳です。

誕生日だったから確変したという訳でもないでしょうが、相馬の本来のポテンシャルを再認識しました。今シーズンはあまりよくありませんでしたからね。

最後にゴールを決めた永井とワシントン。

なぜ、永井は大舞台で大活躍するのでしょうか? CWCにおける日本人初得点を決めてしまいました。久しぶりに前線からチェイシングする永井を見て、嬉しくなりました。

ワシントンのゴールも技あり。ディフェンダーを振り切り、本当に角度のないところからのビューティフルゴール。ゴール裏、遠く名古屋まで駆けつけたクルヴァサポーターたちの前で咆哮は、ワシントンの心からの叫びだったに違いありません。

ポンテがいない、田中達也がいない、山田もベンチといった状況で、本当に各選手たちが自分たちの持てる最大限の力を発揮し、結果がついてきたのだと思います。ボールもよく回っていました。

願わくば岡野をもう少し早く投入するであるとか(失点してしまったのでタイミングが難しかったけれど)、中二日で次戦がある訳なので、そのあたりのベンチワークも期待したいところでした。

そしていよいよ、ついに‥‥。

Urawa Milan1

ACミランのサイトに↑のような表示されておりますが、欧州チャンピオンと本気の勝負です。

トーナメントですし、さらには地の利もあるし、恐らく日産スタジアムを埋めるレッズサポーターの後押しがあることも考えれば‥‥果たして、浦和レッズがどこまでやることができるのか、楽しみになってきました。

ただし、セパハンは既に1試合こなしていること、中心となるナビドキアがベンチだったり病気の選手がいたことなども影響していたので、良いイメージのまま、さらに集中してミラン戦に臨めればと思います。

↓試合後の監督、選手たちのコメントです。

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ】ホルガー・オジェック監督(浦和)記者会見コメント

「私たちは今シーズン、タイトなスケジュールのなか、戦ってきた。ACLとリーグの戦いで、試合の間で戦術的なトレーニングをすることは難しかった。ただ、リーグが終わり少なくともこの1週間はうまく時間を作ることができた。中盤を再構成し、戦術的なトレーニングもできた。その結果が今日出たということ。この1週間やってきたことが報われた」

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ 】試合終了後の永井雄一郎選手(浦和)コメント

(1点目?)相馬がいいボールを出してくれたんで。DFとGKの間を突くというイメージを相馬とも話していた。そこにいいボールを出してくれたから決められた。

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ 】試合終了後の田中マルクス闘莉王選手(浦和)コメント

今年で一番いい出来だったと思う。苦しいと思ったらやられるので、これは行けるという雰囲気を作った。チャンスも作れて良かった。この大会は一生に一度出来るかどうか。

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ 】試合終了後の相馬崇人選手(浦和)コメント

今日はやりやすかった。いい形でボールも受けられるし、1対1でも勝負できてやりやすかった。(集中できた理由?)この大会だからじゃないですか。こんなのないから。次にミランとガチンコでできる状況なんて。

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ 】試合終了後のワシントン選手(浦和)コメント

(角度のないところからのゴール?)あそこしかなかったんで。もうちょっと右でも左でも変わっていたら入れられなかった。センターフォワードとしてゴールを決めないといけない。

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ】試合終了後の長谷部誠選手(浦和)コメント

(トップ下でのプレー?)僕は動き回ることしかできない。だから動き回ろうと思っていた。でもシュートを外したんで…。とりあえずみんなに謝りました。僕があそこで決めたら、たらればの話だけど、チームはもっとラクに勝てたと思う。

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ】試合終了後の阿部勇樹選手(浦和)コメント

長い時間コンパクトに保って、ブロックをみんなで作って、みんなの意識がつながったゲームだったかなと思う。

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ】試合終了後の細貝萌選手(浦和)コメント

ホントは相馬くんみたいにタテに仕掛けていければ良いのだが、そういうタイプではないので、相手が寄ってくる前にクロスを上げるようにしていた。監督からも、‘上げて終われ’と言われていたし。

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ 】試合終了後の坪井慶介選手(浦和)コメント

(何が良かったのか?)とにかく全員で守って全員で攻めると、それに尽きると思う。コンディションも十分戻っていた。

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ 】試合終了後の鈴木啓太選手(浦和)コメント

僕らのところである程度プレッシャーに行けてた。(点が入るまで)あまり焦りも無かったし、形を出せつつあったので、あまり心配していなかった。

[ J's GOAL ]【FCWC セパハン vs 浦和レッズ 】試合終了後の小野伸二選手(浦和)コメント

(こんな良い試合は久しぶりでは?) ACLで優勝してからずっと重たい感じだったが、今日はみんなイキイキしていたので気楽に見ていられた。

■関連記事

浦和世界1勝!次はミランとマジ勝負

日本勢として初めて挑む欧州クラブとのガチンコ対決で、注目は欧州、南米と海を越える。ワシントンは「日本サッカーの歴史が変わる」と話し、中村GMは「初めて国民の期待を感じる」と重責を表現した。

相馬 最高のハッピーバースデー

すべてはミランと対戦するためだった。自他ともに認める欧州サッカー通。マンチェスターUのゴール集を食い入るように見続け、「My世界ランク」の1位にメッシ、2位にC・ロナウドを挙げる。

闘莉王90分間チームを鼓舞し続けた

怒とうのオーバーラップ。浦和DF闘莉王のプレーはDFの枠を超えていた。「苦しいと思ったらやられる。これでいけるぞという雰囲気をつくりたかった」。

ミラン戦は長谷部にとって“予習”

セリエAシエナへの移籍が秒読み段階で、ACミラン戦は長谷部にとっては“前哨戦”。「思い切りやるしかない。チャンスがあれば今度はしっかり決めたい」と意気込んだ。

ボランチ・阿部 魅せた絶妙スルー

今季はDFでのプレーが多かったが、10日は本職のボランチでプレー。「あの2点目は効いた」と絶妙のタイミングで出したスルーパスを振り返った。

“ミラノ制圧”なら小野にお任せ!

小野といえば、フェイエノールト(オランダ)時代の02年UEFA杯準決勝で、同じミラノに本拠を置くインテルを撃破した実績の持ち主。6年越しの連続“ミラノ制圧”に期待がかかる。

永井「相馬に感謝したい」/クラブW杯

浦和永井「楽しむつもりで試合に入った。自分がどこまでできるか楽しみだった。(ゴールは)相馬が触るだけでいいボールを出してくれた。感謝したい」。

浦和快勝!ACミラン戦へ/クラブW杯

浦和は前半32分にMF相馬崇人の左クロスをFW永井雄一郎がけり込んで先制。後半9分にはワシントンが個人技で2点目を決めた。さらにオウンゴールでリードを広げ、相手の反撃を1点に抑えた。

浦和戦へACミラン順調な仕上がり

ACミランのゲームキャプテンを務めるMFアンブロジーニが10日、チームの仕上がりの良さをアピールした。「時差ぼけ対策のため、1週間も前に来日したんだ。チームは練習を楽しんでいる」。

ミラン“浦和って誰がいるの?”

アンチェロッティ監督は、来日前に浦和のビデオを入手しており「最も警戒する選手は、FWワシントンだ」と話すが、その情報は選手には一切伝えていない。エメルソンもバも「テレビで見るから問題ないよ」と浦和―セパハン戦のテレビ観戦が、初めての浦和の“お勉強”だったことを明かした。

浦和に朗報!ロナウドは登録外へ

ACミランのFWロナウドが、クラブW杯の登録メンバーから外れる可能性が高まった。左ふくらはぎの負傷のため、この日も練習を回避。

浦和3発、世界1勝!次はACミランだ…トヨタ・クラブW杯第3日

大会日本人初ゴールが生まれたのは前半32分。中央の長谷部が左サイドに展開。相馬が相手DFを振り切り左足で出したグラウンダーのクロスを、ゴール前で永井が左足で合わせて待望の先制点を挙げた。

日本人第1号は永井だ!浦和が歴史的勝利で世界一へ好発進!

試合後、スタンドからは“世界に見せつけろ、オレたちの誇り”の合唱。視察に訪れたACミラン関係者の目にも、浦和の、そして永井のプレーは焼き付いたはず。

Jショックから復活!浦和・闘莉王&阿部が代表の意地見せた!

「(この苦しみは)一生に一回、二度とない経験かもしれない、といい続けてきた」と口にしたのは闘莉王。チームが不振の間も、苦しみを未来の糧にしようと、何度も仲間を鼓舞し続けた。