アイスなめ…出た!“オシム語録”という記事より。

脳梗塞(こうそく)で倒れ、意識を回復したオシム監督の第一声はクロアチア語で「utakmica(ウタクミツァ)?」と日本語で「試合は?」という言葉だった。

脳梗塞で病床にあるオシム監督が、意識を回復し言葉を発したそうです。良かった良かった。

その第一声は「試合は?」という言葉でした。

その後、アイスクリームなども口にしており、アシマ夫人が「冷たくない?」と聞くと「冷たくなければアイスじゃない」と答えたそうです。

早速、オシム語録が!

ホッとするニュースです。

さらにJリーグで鹿島が優勝したことが伝えられると「ビックリしていた」のだとか。驚かしてすいません‥‥。

とはいえ、オシム氏第一声「試合は?」によると「覚せいと睡眠を繰り返している」状態で、完全に意識を取り戻しているのではないということです。

オシム監督“らしさ”復活「冷たくなければアイスじゃない」によると、日本代表に岡田新監督が誕生したことは、まだ伝えられていないということです。

第一声が「試合は?」で、さらに南アW杯アジア3次予選の組み合わせに興味を持っているというオシム監督に後任人事を伝えるタイミング難しいですね。

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える

■関連記事

オシム監督、第一声「試合は?」先週末家族と会話

報告を受けた日本サッカー協会・川淵三郎キャプテン(71)も「オシム監督らしい」と喜んだ。

オシム監督アイスクリーム食べ冗談も

依然として集中治療室に入っており予断は許さないが、冗談を言うこともあるという。同専務理事は「早い回復を望む」と話した。