アーヘンがブッフバルト監督を解任という記事より。

前浦和監督で、ドイツ2部アーヘンを率いていたギド・ブッフバルト監督(46)が26日、成績不振のため解雇された。

成績不振が理由ということで、思ったような手腕がふるえなかったのでしょうか。

とはいえ、個人的には浦和でJリーグ制覇、天皇杯で優勝したことは、ある意味では奇跡とまでは言いませんが、諸条件が重なって良い巡り合わせだったのではないかと思っています。

オフトの作った土台に、エンゲルスのサポートなど、非常にタイミングが良かったのではないでしょうか。

結果として、

6月に就任したばかりだったが、5勝4分け5敗で18チーム中9位と低迷していた。

ということになっていますが、監督としてのキャリアはまだまだこれからですからね。さらなる実績を積んで欲しいと思います。

■関連記事

ブンデスリーガ2部アーヘン・ブッフバルト監督解雇

采配に経営陣が不満を持っていたといい、理事会の承認を経て解雇が通告されたという。

ブッフバルト監督 成績不振で解任

ドイツ2部リーグ、アーヘンのギド・ブッフバルト監督(46)が解雇された。チーム関係者が26日に明らかにした。