オジェック氏が次期日本代表監督に内定という記事より。

オシム監督が16日に脳梗塞(こうそく)で倒れてから、日本協会は同監督の回復を祈りつつも、後任選びを進めていた。同監督の現場復帰が難しい場合に備え、カナダ代表監督や国際サッカー連盟(FIFA)技術委員などを歴任したオジェック氏を後任に内定した。

「すでに打診を済ませ、同氏も就任に前向き」て、いったいどこからこんな情報が出てくるのでしょうか。

浦和レッズパートナーだから、こういう情報が入手できるのでしょうか。

こんなことでは動揺しないけど、まだリーグ制覇を目指して戦っているんですよ、選手もサポーターも。土曜の鹿島戦に向けて集中しているんですよ。

協会決断!オシム監督に後継指名権…現場復帰困難なら人事全権委任にある「日本サッカーのために働き、日本サッカーのために倒れてしまったオシム監督の考えを、まず聞くことは当然です」というのが、まずは筋でしょう。

ブッフバルト前監督に関しては日本代表監督に就任する可能性を否定という記事が出ています。

追記:浦和レッズ、次期日本代表監督に関する報道についてリリースということで、公式に否定するリリースが出されました。