名古屋が「エイト」捨て「グランパス」にという記事より。

名古屋が来季からクラブの呼称を「名古屋グランパスエイト」から「名古屋グランパス」に変更することになった。

「名古屋グランパスエイト」が来季から「名古屋グランパス」と呼称を改めるそうです。

確かに、

・グランパス

とか

・名古屋グランパス

と呼ぶことが多いですね。むしろ、サッカーなのに「エイト」だと意味が分からない、ということもあったかもしれません。

「エイト」には、こんな意味があったそうです。

名古屋市の記章「八」に、末広がりという願いをかけて名付けられた「エイト」

末広がりだったんだ。

すっかり定位置となった感のあるリーグ中位=8位あたりからの脱却を目指す。

ストイコビッチの監督就任も可能になったようなので、狙うはやはり優勝なのでしょう。個人的にはストイコビッチには現役復帰して欲しいところですが。