三都主 浦和復帰が決定的という記事より。

浦和からザルツブルクに期限付き移籍中のMF三都主アレサンドロ(30)が12月末の移籍期間満了をもって浦和に復帰することが事実上、決定した。

戻ってきますか、アレックス。

ザルツブルグのディレクターが「クラブの考えとして、三都主との契約を延長することはない」とコメントしたそうで、レンタル移籍していたアレックスが浦和に戻ってきます。

三都主は今年1月に念願の欧州移籍を実現させたが、昨季は9試合無得点。今季も先発に定着できなかった。

残念ながら活躍することはできなかったようですね。

浦和レッズに戻ってはきますが、国内外を含めた再移籍をする可能性もあるということです。

確かに今年は左サイドは平川が定着、相馬もチャンスを伺っていますからね。

「戦力として戻ってきてくれることを歓迎する」とした上で三都主の意思を尊重して再移籍も容認する構えを見せている。

と浦和レッズの幹部はコメントしているそうです。

■関連記事

ザルツ宮本は残留、三都主は浦和へ

クローネン・ツァイトゥング紙は、保有権がある浦和への復帰が濃厚なMF三都主アレサンドロ(30)について「目を見張る活躍がなかったために契約延長はない」と退団を断定的に報じた