盛岡商MF林、浦和入団発表という記事より。

盛岡商高サッカー部、MF林勇介(3年)の浦和レッズ入団発表が26日、盛岡市内のホテルで行われた。契約期間は2年。

林勇介は、盛岡商高の全国制覇に貢献した、左利きの司令塔だそうです。「1年目で体をつくって、一日も早く試合に出たい」と抱負を語っています。

来年以降は長谷部をはじめとして、鈴木啓太、闘莉王らが海外移籍する可能性がありますから、即戦力はもちろん、こうした若い選手の獲得も急務ですね。

「急転直下の浦和入りだった」ということで、当初は大学進学を希望していたものの、

9月上旬の仙台カップで転機が訪れた。ブラジルなどの強豪を相手に、3戦計6アシストの活躍で自信をつけ、同月末にプロ入りへ方針転換。

という経緯があったのだとか。

監督が奔走し浦和レッズへの練習参加が実現し「敏しょう性、テクニックが高く、伸びしろもあると評価された」ということです。

左利きのMF、期待です。

■関連記事

盛岡商高MF林の浦和入りが内定

浦和は26日、岩手・盛岡商高のMF林勇介(17)の来季新加入が内定したと発表した。林は昨年度の全国高校選手権優勝に貢献し、日本高校選抜のメンバーにも選ばれた。