ワシは浦和に残りたい!名古屋年俸3億円オファー蹴るという記事より。

浦和での来季もかける。関係者によると、名古屋から今季の浦和と同額の年俸3億円(推定)のオファーを受けたが拒否。22日更新の公式ブログでも残留を強く熱望した。今季序盤にオジェック監督との確執が浮上したが、今では改心している。

名古屋からオファーがあったとされるワシントンが、それを蹴っていたようです。

来季も浦和レッズでのプレイを希望しているそうで、サポーターとしてはこの心意気が嬉しいです。

浦和レッズはアルビレックス新潟のエジミウソンの獲得を検討しているということだったので、その兼ね合いはどうなりますか。

ブログには「26)近況報告」というエントリーがありました。

みなさん、特に浦和のサポーター達に、最近の僕に関するうわさは真実ではないと伝えたい。僕は自分の居場所であると感じることのできる浦和に残る意向だし、今後もチームに貢献していける自信がある。僕の家族はここ日本での生活に順応しているし、何も文句を言うことはない。それどころか、逆に、今までの温かい受け入れに感謝しなければならない。

東京ヴェルディで一緒にプレイしていた相馬は「(古巣)東京V時代を含めても今が一番いい」と語っているそうです。

そんなワシントンは前節で鼻を骨折、ACL準決勝ではフェイスガードをつけて戦います

■関連エントリー

浦和レッズ、新潟エジミウソンをリストアップ
浦和レッズ、ワシントンが今季限りで退団か