浦和V計画!ゴール裏に屋根建設へという記事より。

スタジアムの真横に「新駅」の建設計画が進んでいるのだ。現在の最寄りは埼玉高速鉄道の浦和美園駅だが、徒歩だと20分近くかかるため路線延長を計画している。

「埼玉スタジアム」の北側ゴール裏に屋根が欲しいというのは、かねてよりサポーターの訴えとしてあったのですが、こちらは計画がストップしたままだそうです。

障害は20億円という費用なのですが、ACLで優勝したら、話もしやすくなりそうです。

何より雨避けのためだけでなく「声援が反射して大音響で選手を鼓舞することができるから」というのが理由なのですよね。

そして屋根よりも現実味があるのが「埼玉スタジアム」真横に新駅を作る計画だそう。

確かにこれは欲しいですね。なんであんなに離れたところに駅を作ったんだろうというくらい、浦和美園駅というのはスタジアムから離れているのです。

混雑緩和という狙いもあるのかもしれませんが、スタジアムと駅が近くなれば、足を運ぼうという人もより増えることでしょう。