冷たい雨が降る中、埼玉スタジアムには約48,000人が詰めかけました。

Sany0006-15

試合に関しては、全体的に浦和レッズが攻め、惜しいチャンスを幾度となく迎えるも、決定することができない85分間でした。

最後の最後にポンテがゴールを決め、1-0の完封勝利で締めることができました。

ガンバ大阪が前日に勝っていたので、何かとプレッシャーのかかる試合ではありましたが、選手たちはよく動けていたと思います。連戦の中でも、です。

引き分けと勝利では、試合間隔が短い中、次に向かう気持ちに大きく影響してきます。

Sany0008-9

そして再び中二日で、チームはアウェイ韓国での試合を迎えます。ACL準決勝。この調子をキープすることができれば、良いゲームができるのではないでしょうか。

田中達也、小野伸二がベンチ入りしていなかったのは心配ではありますが、きっと大丈夫でしょう。

そして嬉しいニュースも。

ポンテ残留弾!浦和3戦連続完封勝利…J1第27節

後半42分に決勝ゴールを決めたMFポンテ(30)は、スペイン名門クラブなどからのオファーを固辞し、最長09年シーズン終了までの契約を結び直したことが判明。

ポンテの契約が延長されたそうです。泥臭くボールを追いかける勝負人。小野伸二にはぜひ、ポンテとのポジション争いに勝って欲しいものです。

良いライバルが、選手を育てるのですよね。田中達也にとっての、エメルソンがそうであったように(ライバルというよりは田中達也が“盗んで”いた?)。

そしてポンテの言葉です。

「確かに新たな契約を結んだ。いろいろなオファーはあったが、ここには素晴らしい選手、常に優勝を狙う最高の環境がそろっている。何より私も妻も浦和を愛している」

「何より私も妻も浦和を愛している」

この言葉に、何より弱いのですよ。

■関連記事

浦和はACLの疲労みせず勝利

ACLのアウエー全北現代戦から中3日。選手の疲れも激しいが「チームには骨格がある。それを大きく変える必要はない」と、ほとんど同じメンバーで戦った。

ACLへ弾み!浦和今季10度目完封

疲労がないはずはない。同26日のACL全北戦で足を打撲した田中達はベンチ外。闘莉王も全北戦で3針縫った唇の右端が痛々しい。それでも鈴木は「超回復という言葉がある。試合が練習になっているというか、きょうは走れた」と頼もしく、赤い悪魔に死角はない。

地獄7連戦なんの!ポンテ弾で浦和5連勝、次はACL準決勝だ

積極的に攻撃参加を繰り返したDF闘莉王は「早く点を取れば、(試合を)コントロールできた」と悔やみながらも、「(チーム)状態がよくなくても、ゼロで勝てるのがウチの強み」と胸を張った。