下半身不随の羽中田氏が四国リーグ讃岐監督に就任という記事より。

将来のJリーグ入りを目指す四国リーグのカマタマーレ讃岐は28日、羽中田昌氏(43)の来季監督就任を発表した。

羽中田昌氏は下半身不随で、車いすのサッカー解説者・指導者として知られています。

以前「ヤングマガジン」でコラムの連載を持っていたことがあったのですが、確かヨーロッパの話で面白く読んだのを記憶しています。理論派という感じでしょうか。

車いすの指導者としては、初めて監督を務めることができるS級ライセンスを取得したということで、「カマタマーレ讃岐」のJ入りにどのような手腕をふるうか期待されます。

羽中田昌氏はもともとはプレーヤーで、バイク事故で下半身不随になりました。サッカー経験のない指導者もいたりしますから、サッカー監督は奥深いのです。

「よしやるぞという気持ちが高まっている。目標に向かって一丸でやっていきたい」とコメントしたそうです。

カマタマーレ讃岐 - Wikipediaによると、

クラブ名のカマタマーレ(Kamatamare)は釜玉うどんとイタリア語で海を意味する「マーレ (Mare)」を合わせた造語。

という、なかなかユニークなチーム名の由来です。

所属選手もJリーグでプレイしていたような選手はまだいませんが(教員がいる!)、将来的には増えてくるかもしれませんね、Jリーグ昇格を果たした愛媛FCのように。

グラシアス―サッカーからの贈り物

グラシアス―サッカーからの贈り物

そこからはじまる
そこからはじまる

■関連エントリー

バンディオンセ神戸、横浜FCを破る
「ロッソ熊本」が誕生
カズ「静岡FC」スポンサーに
徳島ヴォルティス、ザスパ草津がJリーグ入り
FC岐阜には元Jリーガーがズラリ
愛媛FC、Jリーグ参入へ