もう負けられないなんてもんじゃない。勝つしかない、ホーム。

気合いを入れて試合に臨むために、関連ニュースをば。キックオフは19時30分の予定です。

We are REDS.

達也、肉弾戦回避し韓国の守備崩す

韓国勢の守備を崩すため、肉弾戦を回避する。「敵がフィジカルで上でも、自分は技術で勝負」。得意のドリブル突破からの至近距離シュートと、敵と接触する前のミドルシュートを使い分ける作戦が頭にある。

浦和阿部が全北現代戦の帯同メンバーに

7月のアジア杯3位決定戦で韓国と対戦し、PK負けを喫していたが「リベンジの気持ちは、まったくない。過去のことですから。前回(ACL)王者とやれることはめったにないし、もし出られたら頑張りたい」と臨戦態勢。

韓国キラー永井「やられたらやり返す」

厳しい肉弾戦を仕掛ける韓国勢との対戦だが、永井は「いい顔する必要はない。やられたらやり返せばいい」と強い決意を口にしていた。

浦和 赤一色で前回覇者ビビらせる!

アジアサッカー連盟(AFC)主催のACLでは、会場内の広告も、すべてAFC公認のスポンサーに限定される。通常の広告看板は撤去、露出が禁じられるのが慣例だ。今回は、そこに新たな演出が加わった。すべてが赤いシーツで覆われたのだ。

浦和・達也がACLデビュー弾狙う!準々決勝で全北現代と激突

「ホームでまず勝って、有利な形でアウエーに行きたい」。まずは、本拠地で前年アジア王者をたたいて、敵地に乗り込みたいところ。

全北現代指揮官 打倒・浦和に自信

「浦和にも弱点はあるし、そこを研究した。そこを突ければいい試合ができる」と断言。要注意選手については「強いて挙げればポンテ。彼をどれだけ抑えられるかだ」と個人名まで披露した。

韓国代表級ズラリ全北現代…チェ監督、浦和の「弱点突く」

U−22韓国代表DFチェ・チョルスン、06ドイツW杯出場の元韓国代表DFチェ・ジンチョル、MFチョン・ギョンホが先発予定。2トップの一角、FWステボ(マケドニア)は現在リーグ2位の12得点。FWゼカルロ(ブラジル)との強力助っ人コンビには浦和DF陣にも脅威だ。