淫行逮捕で磐田解雇の菊地をヴォルフスブルク獲得へという記事より。

磐田MF菊地直哉元選手(22)が、ドイツ・ブンデスリーガ1部、ヴォルフスブルクの練習に参加していることが17日、明らかになった。

淫行で逮捕、ジュビロ磐田を解雇された菊地直哉が、ドイツのブンデスリーガ1部「ヴォルフスブルク」の練習に参加していることが明らかになりました。

日本では1年間の登録停止処分が下されているため、トレーニング目的で先週から渡欧していたのだそうです。そして「ヴォルフスブルク」への練習参加が決まり合流したとのこと。

「ヴォルフスブルク」は獲得の意思を持っているようで、

「私の考えでは2軍に入れたいと思っている。1年間そこでプレーして、その後にブンデスリーガに入れればいい。明日の練習を見て決断したい」

と監督がコメントしているようです。

菊地直哉に再起の道が開かれるでしょうか。

■関連エントリー

ジュビロ磐田・菊地直哉、淫行で逮捕
ジュビロ磐田・菊地、磐田社長“解雇は当然”
菊地直哉、ウェブサイトに謝罪文が掲載
ジュビロ磐田、菊地直哉を解雇
元ジュビロ磐田・菊地、1年間の登録停止