ACLのために未消化だった広島戦が、埼玉スタジアムで開催されました。結果は4-1で気持ちの良い勝利となりました。

R0011485-1

序盤こそ押したものの、徐々に広島ペースに。やはり啓太あたりはアジアカップの疲れも見えるようでした。

後半に入りもう一度、流れを引き戻そうとしていたところで、佐藤寿人にキレイに裏を取られ、鮮やかにゴールを決められます。佐藤寿人らしいゴールでした。

ウェズレイも名古屋時代からイヤなプレーヤーだったし、このまま守られて終了か? とも思ったのですが、闘莉王が同点ゴールを決めてくれます。そこからはレッズの一方的な展開に。

続いてワシントンが倒されて得たPKをポンテが決め逆転、さらに田中達也が鮮やかなゴールを決めると、最後は交代直前だったワシントンもゴールを決めました。

ワシントンから交代した永井も、目の覚めるような強烈なミドルを放ったし、山田に代わって右サイドに入った岡野も、ドリブル突破でスタンドを沸かせました。

4得点しての勝利は、攻撃陣にも自信になるでしょう。FWの二人が揃って決めていますから。

R0011488

これでガンバ大阪との勝ち点差は2になります。チーム状態の上向きも感じますから、後半に向けて楽しみです。

■関連記事

浦和これが決定力!闘莉王だ達也だ

後半33分、FW田中達も続いた。トップスピードのまま巧みにボールを操り、3人のDFをかわしてゴール。田中達は「負けられない試合。もっと決めないと」と話したが、これぞアジア杯代表に欠け、オシム監督が求める「個の力」で決めたゴールだった。

闘莉王、復活弾!首位に2差…J1第14節

「恩返ししようと思った」という広島戦。祖父の出身地で01年にプロ入りした第2の故郷だが、「外国人枠がない。どこかのクラブを探してくれ」と03年に非情通告を受けた。

浦和は逆転大勝で首位に接近

オジェック監督は「1失点したことが逆に引き金になって、勝つんだ、戦うんだという気持ちを自分たちで引き出した。気持ちの入った試合をして、勝てたということに満足している」と話した。

鮮やかな逆転劇!闘莉王&田中達の復活弾で浦和5連勝

アジア杯を終えて7月30日に日本へ戻った日本代表・オシム監督は1日、Jリーグ・浦和対広島戦を会場の埼玉スタジアムで視察するとみられたが、取りやめた。