最後まで謝罪拒否…三浦 神戸退団という記事より。

松田監督への謝罪を復帰の条件とするクラブに対し、三浦本人は最後まで頭を下げることを拒否。移籍を希望する三浦を翻意できないと判断したクラブ側は、最終的に移籍を容認することを決めた。

移籍から一転して残留か、と思われていてた神戸・三浦淳宏ですが、監督への謝罪を復帰の条件としたクラブに対して、最後まで頭を下げることを拒否し、やはり移籍が濃厚となっているようです。

本人の移籍の意志が固く、クラブも移籍を認めざるを得ないということのようです。「これが僕の決定ですと言われたら尊重せざるを得ない」と安達社長。

すでに横浜FCが三浦側と接触しているが、ほかにも名古屋などが有力候補となっている。

横浜FCだと、面白い補強になりそうですが、どうなるでしょうか。

アツ、神戸退団へによれば「もう一度、神戸でやろうという考えもあった。けれど、どうしても気持ちのうえで謝るというところには、ならなかった」と語ったそうです。

■関連記事

三浦淳宏、神戸に移籍
神戸・三浦淳宏、移籍か
三浦淳宏、一転して残留か