甲府MF茂原に厳罰、7試合の出場停止という記事より。

20日の東京戦で家本主審への異議で警告を受けた際、同主審につばを吐いた行為に4試合、退場処分後にピッチ上で侮辱的な発言をしたことに2試合、ロッカー室へ戻る際に運営備品を破損した行為に1試合の計7試合となる。

甲府・茂原岳人が、7試合の出場停止の処分を下されたそうです。

・主審へのつば吐き
・侮辱的発言
・器物破損

以上を合計して7試合となるということです。

茂原岳人というと、住居侵入容疑(不起訴)で所属チームを解雇され、練習生として甲府で頑張ってきたのですが‥‥。

「バレーが(G大阪へ)移籍し、チームの中心だという慢心があったのかも。ある意味、執行猶予中の身」と社長はコメント。厳重注意をするとしています。

プレーで挽回するしかないのですが、それでも8月半ばまでは出場することができません。

■関連記事

川崎フロンターレの茂原岳人容疑者が逮捕
川崎フロンターレ、茂原岳人容疑者と契約解除
茂原岳人、甲府で再出発