移籍方向一転…アツが謝罪、残留へという記事より。

クラブの秩序風紀を乱す発言をしたとして21日まで10日間の謹慎処分を受けていたJ1神戸の三浦淳宏前主将(32)が、クラブ側と残留を前提に交渉を進めていることが20日、明らかになった。

神戸・三浦淳宏、移籍かというニュースが流れていましたが、一転して神戸に残留することが濃厚になりつつあるようです。サポーターとしては嬉しい話ですね。

「ここまで(チームが)積み上げてきたモノが一気に崩れようとしている。混乱を招いた責任を感じている」と三浦本人はコメントしており、監督に謝罪する意志も示しているとのこと。

今月16日の大分戦では、サポーターから30分を超える“アツヒロコール”が沸き起こった。

こういうのを見てしまうと、選手としては心にきますよね。サポーターの思いが、三浦淳宏に届きそうです。

■関連記事

アツよ残留したければ謝罪しろ!神戸社長が要求

神戸の安達貞至社長(68)は21日、自身の処遇への不信感からチームを批判したとして謹慎させた元日本代表MF三浦淳宏主将(32)について「謝罪しなければ、戻ってくるのは無理」と残留する場合は謝罪を要求する意向を明らかにした。

神戸・三浦の謹慎が22日解除…チームは慰留の方針示す

「結論を急がせると追い込んでしまう。彼の納得いく提案をもらいたい」と話していた安達社長は、11日の会談で“移籍志願”した三浦を慰留する方針。