浦和FWエスクデロが日本国籍を取得という記事より。

浦和は11日、FWエスクデロ(18)が同日付で日本国籍の取得を許可されたことを発表した。

日本国籍取得の申請をしていた浦和レッズFWのエスクデロですが、正式に許可されたそうです。

スペインとアルゼンチンの2重国籍を持つエスクデロは、各世代の日本代表入りを目指すため2月13日に日本国籍取得を申請。

わずか4ヶ月で認められたということで、スピード審査となったようです。

浦和レッズのFWにはワシントン、永井、田中達也、岡野らがいますが、もっと若手にも出てきて欲しいところ。

ワシントン、ポンテ、ネネの外国籍選手に追いやられていたエスクデロとしては、これで出場機会が増えるでしょうか。

北京へ秘密兵器!エスクデロ日本人にでは、

「うれしかった。日本代表に選ばれる権利だけでなく、浦和でも日本人として試合に出られるという気持ちで国籍取得を決心した。これからがスタート」

というコメントが紹介されています。

そして坊主頭の写真が掲載されているのですが‥‥エメルソンを彷彿とさせますね。体格も、すごくしっかりした印象です。

ビッグクラブ ―浦和レッズモデルができるまで―

ビッグクラブ ―浦和レッズモデルができるまで―

■関連記事

U―22反町監督は慎重…エスクデロ日本国籍取得

浦和FWエスクデロの日本国籍取得の一報を聞いたU―22代表・反町康治監督(43)は11日、「まだコメントできない」と話したが、北京五輪アジア最終予選では“秘密兵器”となる可能性は十分にある。

エスクデロが帰化 五輪予選の秘密兵器

アルゼンチン人の両親を持ち、出生地スペインとの二重国籍を保持。選手、指導者として活躍する父とともに日本で約10年間を過ごし、骨をうずめることを決めた。