三浦淳の神戸退団が決定的にという記事より。

元日本代表で神戸MF三浦淳宏主将(32)の退団が決定的になった。代理人が11日までに、移籍を前提にJの複数クラブと接触したことが分かった。

首脳陣との意見の食い違いから練習も休んでいたヴィッセル神戸の三浦淳宏ですが、代理人が移籍を前提にJリーグの複数クラブと接触を持ったことが明らかになったそうです。

監督から「カウンセリング行け」と言われたことがそもそものきっかけになっていたと思うのですが、出場機会も激減していたのですね。

年齢的にも、移籍するならば今、ということもあるのかもしれません。

それにしても、J1昇格を決めた際には「神戸で引退したい」とまで言っていた三浦淳宏なのですが、果たしてどうなるでしょうか。

主将でありチームの精神的支柱ですから、もし本当に移籍ということになれば、与える影響も少なくないでしょう。