1位のガンバ、2位のレッズが直接対決した試合となりました。

R0010322

思えば、よくぞこんなチーム状態で2位にいるな‥‥というのが正直なところではあります。

昨年の良かったところは消え、選手たちの戸惑いも感じられるようなプレイ。そして何よりACLがあることで海外への移動が増え、疲労感たっぷりの選手たち。

試合開始直後から足が止まっているような状態で、ボールを奪ってもスペースに走れる選手がいない。スピードダウンするから守備を固められ攻撃が機能しない。そして足下で欲しがる‥‥。

一方のガンバもナビスコ杯を戦っていますから、そういう意味では条件はある程度は似たようなものでしょうが、前線にはスピードで抜け出すマグノ・アウベスやタフなバレーなど非常に存在感を示していました。

しかもガンバは一つ一つのプレイがシンプル。周りがよく見えているからこそ、できるのでしょうが。

レッズは足が止まっているからパスの出しどころがないのは分かりますが、もう少しシンプルでも良いのでは、と思ってしまいました。セカンドボールも全く拾えないレッズ。

得点してからはいわゆる「目が覚めた」状態になりましたが、誰かがチームを鼓舞してそういう状態を作り出すことができないと、もしくは選手がより自覚を持たないと厳しい予感がします。

ホームだからこそ、あのイケイケの状態から得点して勝たないといけないのではないかと思うのです。

疲労が貯まっているのはもちろん分かっているのですが‥‥。それならそれでフレッシュな選手を、とも思うのですが、レッズにはレギュラーをひっぺがすような選手がいないのですかね‥‥。

ワシントンのPKは完全に読まれているのでしょうかね。