カズ勝った「横浜ダービー」制すという記事より。

「カズ魂」を宿したチームは前半7分のDF早川知伸(29)のゴールを守りきって、1-0で逃げ切り勝ち。9年ぶりに復活した「横浜ダービー」で1勝を挙げた。

横浜FCが、9年ぶりに復活した“横浜ダービー”に勝利しました。J1に昇格したばかりの横浜FCが勝利したのもすごいし嬉しいですが、得点した早川知伸が浦和に在籍していた選手だというのも、また嬉しいことです。

浦和にいた当時もケガで出場機会をなくしてしまったようなところがあり残念だったのですが、こうして横浜FCでレギュラーを獲り、しかも活躍しているとなるとなんだか嬉しくなりますね。コーチには、やはり浦和でプレーしていた田北がいますし。

試合開始40秒、カズは左サイドでボールを受けると、思い切り右足を振り切った。ゴールこそならなかったが、一蹴りで初ダービーのチームメートに「攻めるぞ」という積極的な気持ちを伝えた。

やはり、横浜FCの精神的な支柱はこの人ですね。40歳にして「プロなら常に勝利を、上を目指せ」と口にできるカズの存在が、今の横浜FCには欠かせないのでしょう。

シュート16本も…若さ出たマリノスという記事によると、

主将のDF中沢は「みんな若いかな。雰囲気にのまれちゃっていた」と、敗因の1つに精神面を挙げた。

ということで、これがダービーの怖さでしょうね。