岡山劇場というエントリーより。

さまざまな心の葛藤があって、その想いをこうして言葉に出来る岡山も、またそれを発表する場を与えた川崎も素敵な仕事をしたと思う。

川崎フロンターレから柏レイソルへの完全移籍が決まった岡山一成が、フロンターレサポーターに向けてメッセージを送っていることが紹介されていました。

岡山一成です。がそのメッセージです。

チームすべての人達で勝ち取った勝ち点が、1点足りないのを、どれほどの人達が自分の行動を振り返り、後悔をして、自分を責めたことだろう。俺も後悔して、自分を責めた一人だった。そのときに彷徨った昇格への魂は、翌年、たくさんのフロンターレに携わる人達に戻っていったのに、俺の元には還ってこなかった。

泣けた。

特に今シーズンは完全移籍・レンタル移籍が活発だったと思いますが、特にレンタル移籍の場合は戻ることも含めてということがあるので、そこには完全移籍以上のドラマがあるのでしょうね。

愛するチームを離れること。愛するサポーターと離れるということ。こうして自分の気持ちを率直に伝えることのできる岡山一成選手と、そしてその場を提供した川崎フロンターレにリスペクトです。