高木監督「横浜FCは久保が軸」という記事より。

4年間在籍した横浜に別れを告げた久保が移籍先に選んだのは、同じ横浜に本拠を構える横浜FCだった。「4年間本当にありがとうございました。ファンの皆さんにもとても感謝しています。これからもサッカー頑張ります」。横浜を通じて出されたコメントはぼくとつな性格を表すように簡素そのもの。

ついに横浜マリノス久保竜彦の横浜FC移籍が正式決定したそうです。移籍で年俸は下がるものの、「環境を変えたい」という久保の気持ちが移籍に動いたようです。

横浜FCの高木琢也監督とはサンフレッチェ広島時代のチームメイトでもありますから、そういうところも奏効したのかもしれませんね。

J1通算93得点(歴代8位)をマークしている久保の加入で、同136得点(同2位)のFW三浦との夢の2トップ“キング&ドラゴン”も実現するが、指揮官は「タツを軸に、あとは争ってもらう」とあくまで久保を中心にチームをつくる意向だ。

凄いなぁ、“キング&ドラゴン”だって。横浜FCは奥も補強していますし、良いシーズンを迎えられそうですね。

とりあえずJ1残留が目標だと思うのですが、昇格1シーズン目というのは台風の目になる可能性もありますね。

■関連記事

久保、横浜FC移籍決定!「9」継承…カズと夢の2トップ実現

18得点のアレモンが移籍し、12得点の城が引退。合わせて30得点をたたき出したストライカーがチームを去った。その穴を埋めることのできる数少ない存在、それが久保だった。城のつけていた背番号「9」を背負う。

Jリーグ「横浜抗争」勃発…練習場問題、ダービー日程も

両クラブがどうしても譲れないのが横浜ダービーの日程だ。すでにJリーグでは開幕の目玉カードとして浦和Vs横浜FCを予定。その翌週の3月10日、横浜FCのホームゲームで横浜ダービーを組んだ。しかも、マリノスの本拠地、日産スタジアムを使用する方向で進められており、これにはマリノスが猛反発している。